2010年10月 6日 (水)

U.S.Keds☆ニューヨークコレクションより帰国☆

1111


111


11


デザイナーのお力をお借りして
ヨーロッパのコレクションと
ニューヨークコレクションへ
行ってくれました。

この次は、自分の力で・・・・・
行きたい☆です。 とっても
バタ臭〜いヴィンテージ感
バッチリのラバー使い。

アンクルパッチは・・・勿論
『Mont Livre』 の 『 U.S.Keds 』

全体の出来具合は、
バタ臭さ(陰)とドレッシー(陽)
を とっても良いバランスで・・・

ニューヨークでのコレクションは、
世界のジャーナリストから
大変良い評価をされたようで・・・

まだまだ我が老体も
人様のお役に立てる・・・
皆様に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

雑誌掲載されました☆ U.S.Keds & Mont Livre.

001


002

『 SNEAKER club magazine』

というスニーカーの雑誌。ワールド・ムック 843
(9月24日発売/ワールドフォトプレス発行)

私の仕事の中の1つ " U.S.Keds "  スニーカーの仕事
( keds ではなく " U.S.Keds になります。)

united state rubber company. この時代 ( 1800年代後期 ~ 1960年代)
のアメリカでひとつの時代を基づいた U.S.Keds のスニーカーを
リスペクトし、はじめた事です。

はじめた経緯から現在までを紹介させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

eco sweater と mini trekking.

Img_0285

Rimg0082

Mlcl01008strs


一昨日 千歳船橋近くの環八沿いの
メガ ユニクロへ行ってきました。" デカイ "

気になったのは、(仕事柄・・・
『フリース』 なんと 肌触りがシルキーな
タッチの パタゴニアの『レトロパイル』似の
ジャケット。なんと ¥3.000 前後、多色展開。

(あとゴアテックスを意識した素材で Mt.Parka
ポケットも止水ジッパーで・・・も気になった。)

フリースについては、ウェイトが機能別に2段階?
この『レトロパイル』をいれたら3段階?
そして、この価格でしょ! 
やっぱ Outdoor Sports 業界は この素材から
撤退!するよね!

・・・っと
前置きはこのくらいにして
今年ヒマラヤへミニトレッキングをしに行ったとき
(実は急遽そういうことになり・・・)
何の準備もなしに・・・ さてさて
気に入ったものが見つかるなら,カトマンズのお店で
揃えたのですが、色々見た結果〜無理っぽいので

デイリーユースができるようにと " カシミア " の
セーターを インナーとミッドレイヤーにしたんです。

フィールドは 1500m ~ 2000m 沢山の木々があり
段々畑が・・・ 大きな谷と川の渓谷のあるところ
(寒暖の差が大きい)

自然の力から来る 透湿性が凄いんです。
(汗の抜け方がとても早い)
温かさは究極の "カシミア" です、肌触り抜群です。

汗をかいた時フリースだと、どんなに良いものでも
『痒く』なるんです。それと、『静電気』も・・・
(やっぱり『ケミカル』な素材ですから)

なので、実際に登っている時など、スポーツの
時間の時には良いんですが、丸一日着ていますと、
私はストレスを感じます。

あと僕はアレルギーはありませんが、アレルギーをお持ちの方々は
『ケミカル』なものについては、なにかあるんじゃ〜ないのかと。

ミニトレッキングもしくは、1500m~2000m までのフィールド
で、どこまでアルピニスト向けのプロフェッショナルなウエアーが
必要だろうか? (アウトドアーでは、ちょいとうるさいお店の、
バイヤーをしていた経験から言うと!)

いがいに忘れがちなみじかな究極の自然素材 " カシミア "
重ね着をしても、汗は抜けて行きます。ソコソコ温かくなってきても
熱は逃げて行き暑すぎることが無い。どれをとっても

フリースと比べても良いのです。
今回挑戦しているのは、カシミアの中でもかなり細い糸を
何本も束ねて手で紡いで更にその紡いだ糸を3本どりの
3 PLY で編み立てて行くんです。この手法で編み立てて
行きますと・・・透湿性が増してきます。

一切ミシンを使いませんので、エコなセーターと言うことになります。
こんなセーターを機能素材の Mt.parka の下にミッドレイヤーとして
着てみて下さい。抜群です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

ごはんと鎌倉とエコドライブ

Photo


Photo_2

第三京浜にのって・・・目指せ七里ケ浜
とても静かなエンジン音、でも気がつくと140キロ
安全運転すかさず100キロ以下に・・・
(ハイブリットなんでエコドライブです。)

朝8時から " 海を見ながら " ソファーに腰掛け
パンケーキとスクランブルエッグ
(ハリウッドセレブが世界一と言わしめた?

どちらもとても " ふわぁ〜と " した食感。
たまりません パンケーキにはリコッタチーズが
入っているのが特徴。

お店の雰囲気もスタッフもキリッとしていて
良い感じです。

やっぱり身体を動かさなければ、
お腹がすいてきません。 ここまできたら・・・

鎌倉稲村ケ崎〜由比ケ浜〜森戸海岸〜逗子〜葉山
〜長者が崎〜立石海岸〜秋谷〜佐島まで

またまた磯で蟹とたわむれ遊びます。

お昼は・・・
なんか隠れ家みたいなちいさな古民家で " お鮓 "
 ネタとしゃりともに小振りに出てくるのは、
少し喰い地のはった
わたしの好きな  " お鮓 "
(沢山の種類がたべられますから・・・)

それにそれに " お鮓 " は色んな料理の中でも
もっとも CO2 を排出しない
地球温暖化防止なたべもの。 ・・・と 
エコな活動と称し食べまくる。

ととと 格子戸をくぐり抜け〜っと
小柳ルミコを口ずさまない〜ケド!(画像注目!

どのネタをどう食べたら一番美味しいのか
すごいです。親方!
場所柄新鮮なネタを出してくれるのは、 あたりまえ
として " 生抜き " ものの 小肌、新子、鯖、
おみせおみせの癖がたまりません。

匠の世界な感じ。お店とぴったりの雰囲気。
竹のお箸と・・・そして箸置きも琴柱。

大好きな貝たち、
アオヤギ、トリ貝、ツブ貝、タイラ貝・・・
タイラ貝をちょいと炙って海苔で巻いて、
これぞ磯辺巻き。 風味食感がたまりません。

しょっこ、イサキ、金目、黒鯛、鰺、平目、
(すいません順不同)

この平目に大根おろしがのっていて・・・・・
相性がとってもよい。
あと金目はフレッシュで・・・やっぱりたまらん。

中トロ、すみいか、穴子、いくら、甘エビ、車エビ、
いかもパリっとした海苔にまいて風味が抜群、そして
またまた良かったのが、
車エビで・・・芝えびのミソをそぼろにして、
ちょこんとあいだにはさまっているんです。
ん〜 たまらん。

かんぴょう巻きも甘さ堅さが素朴な感じで
山葵をちょいときかせて
この山葵の風味とかんぴょうが絶妙でした。
〆は玉で・・・ごちそうさまでした。(19貫と玉)

あ〜たまらんたまらんたまりません。と、
何度  " たまらん " と・・・・・旨い
あ〜海外のお友達とかみんな連れて食べに行きた〜い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

やっと☆手に入れた

Photo_3


Photo_4

☆ユーズトカーでハイブリットカー☆
を手に入れました。世界のTOYOTA です。

昨年会社を起こしたのと同時に、会社のフィロソフィーとして
エコロジーとフェアトレードをテーマにし、環境省の地球温暖化防止の
活動に参加する宣言を・・・・・

" TEAM MINUS ZERO " " CHALLENGE 25 " に企業登録しました。
( Mont Livre Company Limited として法人登録いたしました。)

*Hand made = 電動機械を使用せず = CO2 削減 = 地球温暖化防止。

 Hand Knit, Hand Sewn, Hand dye, Hand Weave, Hand paint. e.t.c.

*生地の色付けは、大気に影響の少ないスイスダイ " OZONE FREE "
 な染めを心がけています。

横道にそれましたが、車の燃費そのものは、リッター13〜14キロ
程度、それほど良いとは? しかし、信号で止まれば、エンジンは
止まり排気ガスはでません。そして車の走り出しも、意識してアクセルを
静かに踏み込むとエンジンでは動かず,モーターで動きます。
またしても排気ガスを排出しません。ん〜エコドライブです。
これからもドンドンとエコロジーで行きます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

ローテクなのにハイテク? 50% OFF ?

Img_4834thumb_3

United State Rubber Company by Keds = " U.S.Keds "

# Triumph canvas. ( 1930'S ) 3color. Navy, Sail White, Chambray.
( Chambray のみ canvas ではなくシャンブレイシャツの素材を
使っています。)

思っていたものを作る事が出来ました。
それは、外見は?全くのローテクで履き心地は?
いまどきのソコソコの機能の履き心地。

ローテクなのにインソールにカップインソールを使用。
こんなものを作ってみたかった。

カラーコンビネーションもダークネービーとシャンブレイは、
ほんの少しだけマスタードの色を混ぜたような Yellow の Foxing tape を
アクセントに Sail White には Navy をアクセントに。

とてもシンプルなオックスフォードにインパクトのあるアクセントを
付けさせてもらいました。

昨年まで waste twice や marka などで ¥16800 でつくっていた
Design です。お客様への感謝の気持ちを込めて今年は・・・・・
『プライスを半分に還元』させて頂きます。

¥8800で300足限定にて作らせて頂きました。
東京都内では、原宿キャシディーさん、原宿エトフさんでご覧頂けます。

また、すごく嬉しい事がありました。感謝感謝です。
あのキャシディーさんで八木沢さんのブログにて紹介頂けました(涙
その記事による問い合わせもあり、やはり老舗の影響力は凄い。
blog address.
(http://www.cassidy.co.jp/CASSIDY/Blog/entori/2010/4/3_%5BU.S.Keds%5D_BY_YAGISAWA.html)

どうぞ、宜しくお願いいたします。


| | コメント (0)

2010年5月 2日 (日)

『焼き鳥』Ulterior motive 西浅草にて

Img_0126


Img_0124

メッチャおいしい焼き鳥を食べに行ってまいりました。
とっても☆感動しました。

大先輩から1年くらい前に
聞いていた事を急に思い出して・・・

あまりお店や商店はなく
チラホラと小さなホテルとかお風呂とか・・・

はじめて食べる、フランスから来た鶏。
ピジョン ラミエール、ペルドロー、コルヴェール

☆フランス生まれでないジビエは蝦夷鹿。
(画像2番目)

フォワグラと鶏レバーのパテをバケットと・・・
お店の方のお薦めのワインとともに。

すこし思うところがあり勉強に行ってまいりました。
こんなシンプルな食べ方や素材の楽しみ方が・・・

あ〜美味しかったです。
ありがとうございました。感謝です。


Img_0127


| | コメント (0)

2010年4月26日 (月)

やっとできた☆

URL: http://montlivre.net/
Img_0150


Img_0063


Rimg0158

1980年はじめてカタログの中で発見したのが *RING-BOOTS.
でした。ファクトリーはアメリカ製の cole-haan の country ラインを
つくっていたダウンイースト社でした。
(後のラルフのカントリーラインなどに影響を与えた・・・)

最初に感じた事は、ネイティヴアメリカンのデザインだと?
実際はメイン州やマサチューセッツ州、ニューハンプシャー州など
の工芸品に近いもので、キャンプやハンティングなどに出かけた際に、
ハンティングロッジなどで履くルームシューズのようなものでした。

素材は *Horween の Pull-up Leather を使用していました。
また、このカタログとは別のメールオーダーカタログに掲載されて
いるものの中に、ヒールのデザインが *T-heel のものがあり、
デザインにとっても感動した覚えが・・・
(試してみてびっくり! ミッドカットは全然問題ないんだけど、
スリッポンとローカットは履きにくくてしょうがない!そんな靴。)

そして、RING BOOTS はとっても感動したものですから、
誰もが気に 入ってくれる靴だと?

しかし、殆どのものには、底 out sole はついていないものが
殆どでしたので、多くの人達は底が無いから外履きではないし
外では履けない!と言い誰も見向きもしてくれませんでした。

そして80年代半ば、今度は J.L.Coombs. という brand の
RING-BOOTS を見つけ代理店となりました。

この素材はイングリッシュクロームレザー というなにしろ分厚く、
雨にも負けず、風にも負けず、油ベトベトな、 毎日履いても
3年以上靴になじむ事の無い! 超ヘビーな靴。

もひとつ特質なことは、 " over 100 stitches " な メイン州の
 熟練した<白人のクラフトマン>達が自分たちの家で、
丁寧に1足1足ハンドソーイングにて作られています。

イギリスのフィッシャーマンセーターなどのハンドニットと
作られる過程が同じで 農業や漁業の閑散期にお祖父ちゃんや
お婆ちゃん達が伝統的な 編み方などを継承しながら作られています。

この職人達のお話しをさせてもらったのは、大きな私の拘りがあって、
それは手縫いのステッチ1本1本に味と歴史を感じるんです。
この1980年代までに、 アメリカではこのステッチが!
なくなってしまったんです。1990年代以降見た事がないし、
これからも出てこないだろうと 思います。

(余談:1980年代はじめから製靴会社が、生産体制をハンドメイド
からマスプロダクションへ・・・この当時、中国ではなく韓国へ生産を
依頼し・・・革靴も・・・スニーカーも・・・)

また、この当時モカシンでは、Quoddy, cole-haan, Minnetonka,
A.S.Riggar, ansewn, Laurentian chief moc, Nee bee moc, ラルフの
ポロカントリーなどは、wolverine W.W. にてウィップステッチの
モカシンを生産していて、工場まで見に行ったり・・・e.t.c.

色んなモカシンを仕事柄、ブランドやファクトリーなどを沢山
見て来たのですが・・・そして代わるものを探したりもしたのですが、
職人がいない限り無理でした。そこで、1990年代半ばに、
こんな事を閃いたんです。 

デザインは RING BOOTS, 履き心地は?ネイティブアメリカンの
モカシンの如く、そしてアフターサーフィンやアフターゴルフに、
リラックスをして・・・大好きな車に乗れて・・・
足に対しても、締め付ける事の無いリラックスをして履けるオルソ
ペディックなくらいな履き心地なモカシンであること。素材は1枚
革でブレイザビリティーに優れている、" Big deer " ムースかワピチ、
ストラップは伸びの少ないホースハイドしかもコードバン層を含んだ
ヌメ革、RING(マルカン) も無垢の真鍮で・・・

有りそうで、ないもの、ありえないものですが? どうやったら?
作れるものなのかと?(前職の Red Wood では、雇われの身で・・・
オーナーの考えは若者の目の前に 人参をぶら下げ、さらにその人参に
美味しそうなソースや蜜でも塗って・・・という商品チョイス的考え
だったため、前職ではこのようなものにトライする考えがなく・・・
そして表題の『やっとできた☆』となったわけで ありま〜す。

更にもう1つ、同じ素材や同じ縫い方などで、ベルトやバッグも
コーディネイトしたいし、アクセアリーなどに至るまで揃えて
欲しいかなと・・・ (色んな意味で物理的に作るのは無理・・・)

同じ素材、同じ糸、同じ附属などを揃えて、更に技術的な事も
協力してくれる職人、人間に出会わなければ・・・と・・・

そうして、素材や、ハンドステッチ、附属などを統一して、しかも、
最も 大切な1つに職人が作らされているのではなく、作りたいものを作る。
そしてそれは、私と心意気まで共有できる同士や友人に作ってもらう事。

自分でつくるのであれば、ここまで拘ってつくりたいと・・・
そして『やっとできた☆』んです。本質的な部分にまで拘った
" RING-BOOTS " big deer moccasin. とそのライフスタイル的ラインが!


*画像にある、ベルト、レザークラフトアクセもできあがりました。
 そして、インディアンジュエリーをリスペクトしてインポート素材、
 自然石をつかった、ハンドメイドビーズジュエリーも作っちゃいました。
 次回、ご紹介いたします。

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

Mont Livre Private collection VOL.2

Img_0057_2
Img_0063
Img_0054

去る11月14日15日土曜日日曜日の2日間、
代官山 i スタジオに於いて、2回目の個展を行いました。

この個展は、今までの業販向けの個展とは趣向をかえ
一般の消費者向けに行なっています。

私の目的は Mont Livre の考える理想のお客様へ
ターゲットを絞り発信をしてみる事にあります。

年齢層はアラフォー、アラフィフの女性を中心に
このお客様達に憧れを持つアラサーからアラフォー予備軍の
お客様達で、代官山、渋谷、青葉台、目黒に住まわれて
いらっしゃる女性、フィガロやシュプールなど・・・
そしてインポートのジーンズ、ハリウッドランチマーケットや
キャピタルなどの素材や加工を含むデニムの雰囲気の
好きな女性をターゲットに・・・

今回は Moccasin と同じ素材 Wapiti(elkskin) や Deerskin
で作った女性向けのアクセサリーを展示してみました。

このアクセサリーの附属はカウホーンやカウボーンで
ネイティブアメリカンのコンチョやビーズをイメージ
した附属をネパールでフェアトレードの生産者に作って
貰いました。

次回の個展は12月5日6日の土曜日と日曜日に
前回と同じ代官山 i スタジオで行ないます。
次回はアクセサリーアーティスト
『 Yuko Nishimura 』のビーズワークとコラボレーション
します。

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

個展/展示会リポート 1/2 北久宝寺町 in Osaka.

Img_0049
Img_0050_2
Img_0052_2

関西地区 / Distributor " Anda Vrai " 初主催の 個展
『 Big deer Moccasin & U.S. Keds. Fair trade made Goods 』
に参加してまいりました。

行きは 約7時間 帰りは 約8時間 かけ
愛犬『 emmylou (エミル)』を連れてロングドライブを・・・

なので、展示会へ emmylou も フル出勤しました。
First Exhibition ということもあり、 Anda Vrai に期待して下さる
大御所・老舗の方々がいらっしゃって下さいました。

皆さんお越し下さりありがとうございました。
(大阪/神戸/奈良/京都/和歌山のセレクトショップ)

*会場を提供して下さった 『 IVY & NAVY 』の小野様ご夫婦
 ありがとうございました。

年に2回、関西地区のお客様との交流ですが、いつもながら
とても楽しく明るく関東のお客様とは違うとっても
あたたかいミーティングができたと感動しております。

Go Getter, Comes a time, Silver & Gold, Knock out,
Grow, Mr Bond, Public, ウォームガン, DAKOTA・・・

collection:
wapiti(elkskin)の Moccasin, New comer Hand made Belts.
Leather accessorie, Fair trade made の Knit Acc, Wool Felt Goods,
U.S.Keds, Mont Livre Foot wear.

昨年より今年、今年の春夏動向より秋冬動向、
そして来年春夏の予想は・・・

昨年からのスロービジネス、相反するファストファッションと
アウトレットビジネスの好調をセレクトショップはどう考え
これからどうしなければならないのか?

昨年、新たに出現した
" Top-Sider " (中国製)¥6800〜
主な取扱店:スポーツ店、スポーツチェーン店、靴屋さん、
靴チェーン店さん、そしてビームスとシップス、オッシュマンズ
" VANS " (中国製)¥5800〜
全国の ABC MART を中心に展開、洋服屋中心の VAULT LINE.も
" Keds " (日本製)¥7800〜
スポーツチェーン店、靴チェーン店には取り扱いのないマーケティング。
セレクトショップ中心の展開。

今年の春から秋にかけて、内羽根のローカットそして
ソールはデッキタイプが主力。(VANS のみ Skate Board soles)

昨年より増収増益絶好調の ABC MART に " VANS " あり!!!
全国ショッピングモールとアウトレットモールにも・・・
洋服屋に通うお客様がすこしづつ離れているようです。
(この秋冬、来年の春夏にかけてKeds へ乗り換えてこられる
お客様が急増しています。)

Top-Sider はオッシュマンズが強く打ち出されており、
スポーツカテゴリーとはいえ、ファッションのメッカ
新宿フラッグス、吉祥寺などファッションカテゴリーの
多い地区に店舗が多く、四半期毎のセール、ポイント還元
などにより常に2〜3割引の感覚があり好調との事。

このことより市場にて Brand の共存できるものと、
そうでないものがはっきり見えて来たようです。

またこの春よりセレクトの中でも感性のつよいショップは
底周りのデザインの違い、デザインカテゴリーの違うタイプへの
移行がやはりはっきりと出て来ています。

この動向に我々は半歩先半歩先に面白い動きを
していますので、この動きやファッションの希少性
などを一緒に作って行く話に関西の方々はとても
強く意思の表示をして頂き心強く応援頂きました。
ありがとうございます。

次のレポートではもっと詳しくお話しを
させて頂きたいと思います。

| | コメント (0)

«合同展を終えて・・・