2010年4月26日 (月)

やっとできた☆

URL: http://montlivre.net/
Img_0150


Img_0063


Rimg0158

1980年はじめてカタログの中で発見したのが *RING-BOOTS.
でした。ファクトリーはアメリカ製の cole-haan の country ラインを
つくっていたダウンイースト社でした。
(後のラルフのカントリーラインなどに影響を与えた・・・)

最初に感じた事は、ネイティヴアメリカンのデザインだと?
実際はメイン州やマサチューセッツ州、ニューハンプシャー州など
の工芸品に近いもので、キャンプやハンティングなどに出かけた際に、
ハンティングロッジなどで履くルームシューズのようなものでした。

素材は *Horween の Pull-up Leather を使用していました。
また、このカタログとは別のメールオーダーカタログに掲載されて
いるものの中に、ヒールのデザインが *T-heel のものがあり、
デザインにとっても感動した覚えが・・・
(試してみてびっくり! ミッドカットは全然問題ないんだけど、
スリッポンとローカットは履きにくくてしょうがない!そんな靴。)

そして、RING BOOTS はとっても感動したものですから、
誰もが気に 入ってくれる靴だと?

しかし、殆どのものには、底 out sole はついていないものが
殆どでしたので、多くの人達は底が無いから外履きではないし
外では履けない!と言い誰も見向きもしてくれませんでした。

そして80年代半ば、今度は J.L.Coombs. という brand の
RING-BOOTS を見つけ代理店となりました。

この素材はイングリッシュクロームレザー というなにしろ分厚く、
雨にも負けず、風にも負けず、油ベトベトな、 毎日履いても
3年以上靴になじむ事の無い! 超ヘビーな靴。

もひとつ特質なことは、 " over 100 stitches " な メイン州の
 熟練した<白人のクラフトマン>達が自分たちの家で、
丁寧に1足1足ハンドソーイングにて作られています。

イギリスのフィッシャーマンセーターなどのハンドニットと
作られる過程が同じで 農業や漁業の閑散期にお祖父ちゃんや
お婆ちゃん達が伝統的な 編み方などを継承しながら作られています。

この職人達のお話しをさせてもらったのは、大きな私の拘りがあって、
それは手縫いのステッチ1本1本に味と歴史を感じるんです。
この1980年代までに、 アメリカではこのステッチが!
なくなってしまったんです。1990年代以降見た事がないし、
これからも出てこないだろうと 思います。

(余談:1980年代はじめから製靴会社が、生産体制をハンドメイド
からマスプロダクションへ・・・この当時、中国ではなく韓国へ生産を
依頼し・・・革靴も・・・スニーカーも・・・)

また、この当時モカシンでは、Quoddy, cole-haan, Minnetonka,
A.S.Riggar, ansewn, Laurentian chief moc, Nee bee moc, ラルフの
ポロカントリーなどは、wolverine W.W. にてウィップステッチの
モカシンを生産していて、工場まで見に行ったり・・・e.t.c.

色んなモカシンを仕事柄、ブランドやファクトリーなどを沢山
見て来たのですが・・・そして代わるものを探したりもしたのですが、
職人がいない限り無理でした。そこで、1990年代半ばに、
こんな事を閃いたんです。 

デザインは RING BOOTS, 履き心地は?ネイティブアメリカンの
モカシンの如く、そしてアフターサーフィンやアフターゴルフに、
リラックスをして・・・大好きな車に乗れて・・・
足に対しても、締め付ける事の無いリラックスをして履けるオルソ
ペディックなくらいな履き心地なモカシンであること。素材は1枚
革でブレイザビリティーに優れている、" Big deer " ムースかワピチ、
ストラップは伸びの少ないホースハイドしかもコードバン層を含んだ
ヌメ革、RING(マルカン) も無垢の真鍮で・・・

有りそうで、ないもの、ありえないものですが? どうやったら?
作れるものなのかと?(前職の Red Wood では、雇われの身で・・・
オーナーの考えは若者の目の前に 人参をぶら下げ、さらにその人参に
美味しそうなソースや蜜でも塗って・・・という商品チョイス的考え
だったため、前職ではこのようなものにトライする考えがなく・・・
そして表題の『やっとできた☆』となったわけで ありま〜す。

更にもう1つ、同じ素材や同じ縫い方などで、ベルトやバッグも
コーディネイトしたいし、アクセアリーなどに至るまで揃えて
欲しいかなと・・・ (色んな意味で物理的に作るのは無理・・・)

同じ素材、同じ糸、同じ附属などを揃えて、更に技術的な事も
協力してくれる職人、人間に出会わなければ・・・と・・・

そうして、素材や、ハンドステッチ、附属などを統一して、しかも、
最も 大切な1つに職人が作らされているのではなく、作りたいものを作る。
そしてそれは、私と心意気まで共有できる同士や友人に作ってもらう事。

自分でつくるのであれば、ここまで拘ってつくりたいと・・・
そして『やっとできた☆』んです。本質的な部分にまで拘った
" RING-BOOTS " big deer moccasin. とそのライフスタイル的ラインが!


*画像にある、ベルト、レザークラフトアクセもできあがりました。
 そして、インディアンジュエリーをリスペクトしてインポート素材、
 自然石をつかった、ハンドメイドビーズジュエリーも作っちゃいました。
 次回、ご紹介いたします。

| | コメント (0)

2008年8月22日 (金)

繊研より取材☆

Imgsklaowww



Anthony's Dry Goods Store.
この道具屋のような響きたまりません。

ハンティング・フィッシング・他血を見るスポーツ系に
多いイメージ、80年代のラルフローレンのラベルなどにも


Country store " Authentic dry goods " とあります。
なんか 説明しましたが、道具屋をはじめる訳ではありません。


私と私の尊敬する先輩とはじめる Brand です。


詳細は記事をご覧下さい。


この事業に伴いオーガニックコットンを使用するモノ作りのお手伝いをいたします。
我々が使用する生地はイスタンブールよりインポートします。

我々の活動をなんとトルコ政府もサポートしてくれるとの事。
10月にオーガニックの生地を紹介する活動をトルコ政府といたします。


お時間をいただきどうぞお越し下さい。


世界の3大料理と美味しいワインをのみながら地球に優しい を洋服業界の方々と
どう関わって行くかお話しさせて頂きたいと思います。

又詳細を報告させて頂きますので今しばらくお待ち下さい。


*トルコ大使館は原宿明治通沿いにあり丹下さんデザインのしゃれた建物です。

| | コメント (0)

2007年11月 5日 (月)

☆Weekend☆

Rimg0046
Rimg0047



FRI Good Night !
おでんを食べに行ってきました。

STA Good Afternoon !
近所の武蔵野の森へ行ってきました。

☆おでんは?静岡スタイル!だしつゆの色が 真っ黒!
おかか あおのり みそだれ をのっけて食べる

武蔵野の森は元は関東村という米軍の・・・
この近辺はとてもアメリカンな人が多く

今も外語大学がありやっぱりグローバルな・・・
隣は調布飛行場!とても雄大で 

ほんのりと心やすまる
僕にとってのサンクチュアリーです。


emmylou rhodes
kazu-peaceforce!

| | コメント (0)

2007年4月11日 (水)

Hot Item ! in 1950, ? 1968, ?

Rimg0224Rimg0284Rimg0242_1






Made in Japan !!!
ヴァルカナイズト 製法にて 作られた!

古き良きアメリカの! ローテクなスニーカー!
そんなシューズを! 私が?いじくっちゃいました!

ごめんなさいです。
1960年代後半から 1970年代前半!によく見かけた!

一見!トップサイダー?いいえ!違います。
ked's です。 私が扱っておりますのは?

Special Make-up !!! Model !!! 別注?とでもいいますか?
私の感性にて!知っているからこそ!

ココまでは?ありかな?って言う限度の中で!
やらせて頂いております。

ハンドペイントにて!あんまり最近にない色で!
この赤っぽい色! マルーンという色表現の色!
(いわゆる えび茶色!)

とても珍しい色です。
もうひとつは?あのコンバースの ジャックパーセルの

原型になったと称される! # Court King というモデル!
ちょっと!面白くエナメルにて!更にパンチメッシュですよ!

どうでしょうか?覗きに来て下さい!
どうぞよろしくです。

emmylou Rhodes
Writer: kazu-peaceforce!

| | コメント (0)

2006年12月30日 (土)

正月飾り!ハンドメイド!ジーンズ!コンバース!e.t.c.

Rimg0119Rimg0118Rimg0117




本日を持って!仕事納めになりました。
7月よりご愛顧頂きありがとうございました。

本日は6時より大掃除をさせて頂き!無事終了させて頂けますでしょうか?
終わり際に仲良しさん達が4〜5名いらっしゃって頂き!

いろいろと来年の豊富といいますか?
ガンガンお話しさせて頂きまして!とてもとても楽しい1日にて?
終わる事で来ました。ありがとうございました。

現在!ビールを2〜3杯飲んじゃっていますんで!

画像 LEFT to Right!
Light: 松ぼっくり付き!正月飾り!

画像 Center: ジーンズ?メディスンバック!
ハンドビーズ?ハンドステッチ!などなどの?リメイク!

手刺繍に寄るデザイン!パイソン/手刺繍!/
手塗りの樹脂加工!などなど!

来年は?更に!手作り感や希少性があるものを!
つくります。どうぞ宜しく!

emmylou Rhodes
Writer:kazu-peaceforce!

| | コメント (0)